失敗しない薬剤師転職サイト【選び方解説!大手3社徹底比較しました。】

2020年9月28日

スポンサーリンク

転職を考えていても、転職サイトがたくさんあるのでどれを選んでいいか分からない?

自分に合った薬剤師転職サイトはどれ?

転職がうまくいくか心配!

こういったお悩みにお答えし
転職サイトの選び方をご紹介します。

転職を考えている薬剤師は、ぜひ参考にしてください。

お急ぎの方は

【薬剤師におすすめの転職サイト比較ランキング【2020年】まで】飛ばし読みしてください。→こちら

【後悔しない】失敗しない薬剤師転職サイトの選び方解説!大手3社徹底比較!

薬剤師の転職はサイト選びが大切!

薬剤師が転職をするときには、転職サイト選びがとても大切です。

転職の目的をまず考えましょう。
そこでまずは、転職の目的を考えましょう。
給与なのか?職種なのか?労務環境なのか?ワークライフバランスなのか?勤務地なのか?勤務時間なのか?転職がない勤務先か?
複数上がる場合は、優先順位も決めておきましょう。
(登録後の面談でも必ず聞かれます。)

目的にあった転職サイトを登録することが重要です。それぞれの転職サイトには特徴があります。

自分が転職をするときに何を重視しているかを確認して、その目的に合ったサイトを選ぶと転職サイト選びをすることが重要です。

薬剤師の転職でよくある失敗は?

目的なく転職してしまう

先程も、考えて頂きましたが、この目的がとても重要です。
なぜか、目的なく転職してしまうとやりたい事と、行動が不一致となりまた転職活動を行うことになってしまいます。
ただし、現在の職場がブラックで、残業代はでない、勤務時間が長い場合などは速やかに転職しましょう。

給与の下がる転職をしてしまう

ここで言う給与は『時間給』を指します。
なぜ、時間給が大事なのか?
残業代込で年収として提示してくる企業があるためです。
現在働き方改革で、残業が出来なくなってしまうと給与が下がることがあります。時間給に着目しましょう。

先行きを見ずに転職してしまう

薬局業界はM&Aが盛んになってきています。
転職したはずが、同職種での転職の場合また同じ会社にということもあります。
業界を読み切ることは出来ませんが、転職する際は業界の動向を見ておくことが大事です。

登録しないほうがいい薬剤師転職サイトの特徴

他のサイトと比べて求人数が少ない

選べる幅が狭くなりやすく、適切な職場を提示されにくい可能性があります。
求人数が少ないと応募できる数にも限りがあります。

自分の希望条件に合った求人を見つけるには、やはりある程度の求人数は重要です。
少ないと選べないばかりか、転職サイトが儲かる職場先を勧めてくることもありますので注意してください。

担当コンサルタントの対応が悪い

転職サイトでの転職活動は担当コンサルタントで善し悪しが決まります。

メジャーリーグに挑戦する際に、高額の年俸を獲得してきてくれる代理人のようなものです。
どんなにいい人材であっても、代理人次第では、現在メジャーリーグで活躍する前田投手のように球団都合の契約となってしまいます。

だからこそ、担当コンサルタントは重要なんです。
電話やメールの対応が雑だったり、希望に合わない条件ばかり紹介くるなど、担当コンサルタントの対応が悪いと転職活動はうまくいきません。

どんな転職サイトにも対応が悪いコンサルタントはいるので、たとえ評価がいい転職サイトであっても当たりはずれがあります。

コンサルタントを変更してもらっても対応が悪いとすれば、その転職サイトのコンサルタントは全体的によくない可能性がありますので、転職サイト自体を変更を検討する必要があるでしょう。

担当コンサルタントの対応が悪い転職サイトではコンサルタントの営業ノルマが厳しく、「とりあえず内定者を出して利益を得よう」と考えているところもあるので最初からコンサルタントの話を鵜呑みにせずに複数の転職サイトに登録し情報収集することもとても重要です。

採用企業から報酬をもらうことに重点を置いているような転職サイトも存在します。自分を守れるのは自分だけです。注意してください。

公開求人しか紹介してもらえない

公開求人だけでは、いい条件の転職はできません。
せっかく転職サイトに登録するなら、非公開求人を紹介してもらいたいですよね。
転職サイトによっては半数が非公開求人ということもあるようです。

公開求人であればわざわざ転職サイトに登録しなくても誰でも見ることができます。条件のいい求人には不可欠です。

非公開求人とは

非公開求人とは、転職サイトに登録しないと閲覧することができない求人です。

また、非公開求人は転職サイトに登録したからといって誰でも閲覧できるものではありません。

コンサルタントが条件やキャリアにマッチしていると判断すると紹介してもらえます。

通常、公開求人よりも待遇がいい求人が多いのが特徴です。

非公開にしている理由には、「急募である」、「応募殺到を防止するため」、「他社に求人情報を知られたくない」などがあります。

通常、転職サイトでの求人公開には掲載を依頼してから約3週間かかります。

急な退職などで早く欠員を補充したい場合には掲載依頼していると時間がかかってしまうので、急募の場合は非公開求人として扱われます。

好待遇、好条件の求人は公開求人として掲載すると応募が殺到し、採用担当者が対応しきれなくなってしまうので、公開求人として募集する企業が多いようです。

大手薬剤師転職サイトを3社徹底比較

薬剤師転職サイトはどのような違いがあるのでしょうか?

「マイナビ薬剤師」

利用者満足度ナンバーワン!
60,000件を超える求人を保有しています。その為、多くの求人から自分の条件に合ったものを見つけることができます。

1人当たりの求人紹介数は平均19.5件と多く、自分に合った職場を選びやすいと思います。

「リクナビ薬剤師」

認知度ナンバーワン!
40,000件以上の求人を保有しています。

転職サイト大手リクルートが運営しています。
薬剤師専門アドバイザーがいるため、心配になったら相談できます。

「薬キャリ」

登録数ナンバーワン!成約率ナンバーワン!
40,000件を超える求人を保有しています。

求人情報は毎日更新され、希望条件に合った求人がメールで届くサービスもあります。

強引と感じる口コミがあるほど、スピーディに対応してくれる。
病院で働きたい方には、病院求人が多いのでおすすめです。

後悔しない薬剤師転職サイトの選び方

転職で後悔しないためにも、自分に合った薬剤師転職サイトを選びましょう。

どのような薬剤師転職サイトを選べば後悔しないのでしょうか?転職サイト選びで後悔しない方法をご紹介します。

大手人材紹介会社が運営している

大手人材紹介会社が運営している転職サイトは求人数が多く、サービスがしっかりしています。

また、大手企業求人や好待遇求人が集まりやすいのが特徴です。

大手人材紹介会社で培った転職ノウハウがあるので、転職サポート力もしっかりしていますよ。

コンサルタントの数が多いので、1人のコンサルタントが1人1人にかける時間が多く、丁寧に面談や書類添削、面接対策をしてくれるのが魅力ですよ。

薬剤師転職サイトの場合は、マイナビ薬剤師やリクナビ薬剤師が大手人材紹介会社によって運営されています。

求人数、コンサルタントのサポート力が安定しているので、薬剤師の転職サイトで迷ったら、まずは大手人材紹介会社が運営しているサイトに登録するのがおすすめです。

求人検索型とエージェント型はどちらを利用すべき?

薬剤師転職サイトには、求人検索型とエージェント型の2つの種類があります。

それぞれの特徴はどのようなものなのでしょうか?求人検索型とエージェント型の特徴と利用すべき転職サイトをご説明します。

求人検索型転職サイトの特徴

求人検索型は、求人探しから応募先との面接日設定、条件交渉などすべて自分で行う必要があります。

自分で自分の条件に合った求人を探す必要があるので、理想の求人を探し出すまでに時間がかかります。

仕事をしながら転職活動をするのであれば、求人探しから面接まで自分だけで行うのは大変です。

求人検索型転職サイトでは、コンサルタントとの面談などがないので登録すれば求人を検索することができます。

「とりあえずたくさんの求人を確認したい」、「どんな薬剤師求人があるか見てみたい」という場合にはとても便利です。

エージェント型転職サイトの特徴

エージェント型では、登録してしまえば担当コンサルタントが求人探しから内定、内定後のアフターフォローまで担当コンサルタントが行ってくれます。

仕事をしながら確実に転職したいならエージェント型に登録するのがおすすめです。

薬剤師専門の転職サイトであれば、薬剤師特有の悩みや業種に詳しいコンサルタントがサポートしてくれるので、転職活動がスムーズに進みます。

「転職したいけれど、どのように進めていけばいいか分からない人」、「コンサルタントに相談しながら、転職先を決めたい人」は迷わずエージェント型転職サイトに登録しましょう。

どちらも登録しておくのがベスト

求人検索型転職サイトもエージェント型の転職サイトも無料で利用できるので、気になるサイトがあれば登録しておきましょう。

公開求人であれば複数のサイトで同じ求人が掲載されている場合も多いので、求人検索型サイトで気になる求人を見つけたらエージェント型サイトでも同じ求人があるかを確認し、同じ求人があればエージェント型サイトでその求人に応募するという方法もあります。

それぞれの転職サイトで独自に扱っている求人も存在するので、なるべく多くのサイトに登録してサービスを比較し、最終的に使いやすいサイト、コンサルタントの対応が丁寧なサイトに絞るのがおすすめですよ。

薬剤師におすすめの転職サイト比較ランキング【2020年】

当サイトがおすすめする薬剤師転職サイト

【1位】薬キャリ

おすすめ転職サイトランキング1位

薬キャリ

登録者数ナンバーワン!

求人数最多の転職サイト!

かんたん登録無料!

10

求人数

8

調剤薬局

10

ドラッグストア

8

エージェント質

 

おすすめポイント薬キャリは薬剤師登録者数ナンバーワン!
派遣向け求人も多く、あらゆる薬剤師におすすめの転職サービスです。
他サイトにはない非公開求人も多く抱えているので、良い求人を紹介してほしい薬剤師にはおすすめです
薬キャリ公式サイト

薬キャリを実際に利用した人たちの口コミ・評判
家族の引っ越しに合わせて新天地での病院を探していましたが、薬キャリさんは病院の求人が多く、選択肢が豊富でした。一つ勤務時間以外は理想的な求人があったのですが、コンサルタントの方が交渉してくれて、勤務時間を希望する条件に変更してくれました。引っ越しと転職で新生活は不安でしたが、おかげさまで何とか暮らしていけています。
30代前半 女性 病院
新しいキャリアを求めて企業の薬剤師へ転職しました。病院から転職したいと思っていましたが、なかなか条件を絞り込めず困っていましたが、コンサルタントの方と面談をして、今後のキャリアを固めることができました。初めて転職するのであれば、薬キャリみたいなコンサルタントのいる転職サービスをおすすめします。
30代前半 男性 企業薬剤師

【2位】マイナビ薬剤師

利用者満足度ナンバーワン!業界最大級の薬剤師転職サイト

マイナビ薬剤師

おすすめ転職サイトランキング2位

マイナビ薬剤師

満足度ナンバーワン!

求人検索機能優秀!

サービスを40年以上!

8

求人数

9

調剤薬局

10

ドラッグストア

9

エージェント質

 

おすすめポイント利用者満足度5年連続ナンバーワン!実際に利用した人たちの評判で選ぶならマイナビ薬剤師がおすすめです!
無理に求人を勧められたという口コミも少なく、エージェントの転職サポートには定評のある転職サービスです。
求人検索機能も優れているので、とりあえず求人を探したい薬剤師にも絶対おすすめです。
マイナビ薬剤師公式サイト

マイナビ薬剤師を実際に利用した人たちの口コミ・評判
調剤薬局は未経験でしたが、安定して働けそうだったので転職を決意。マイナビ薬剤師のキャリアアドバイザーの方は、実際に会って相談することができ、物腰も丁寧だったので信頼できました。実際に紹介していただいた調剤薬局にも足を運んだことがあるそうで、職場の雰囲気など詳しく教えてもらえました。薬局側にもうまくアピールしてくれたみたいで、無事内定をもらうことができました。
20代後半 女性 調剤薬局
時短勤務など柔軟に対応してくれる職場を探していましたが、マイナビ薬剤師さんが一番紹介してくれる求人が多かったです。福利厚生や手当などに関することも、包み隠さず教えてくれたので、冷静に比較することができました。転職したあとも一度ヒアリングの連絡をしてくれるなど、アフターサポートも充実していました。
30代前半 女性 ドラッグストア

【3位】ファルマスタッフ

おすすめ転職サイトランキング3位

マイナビ薬剤師

相談満足度も96.5%!

日本調剤グループ!

転職初めての人に!

9

求人数

7

調剤薬局

8

ドラッグストア

8

エージェント質

 

日本調剤グループが運営するファルマスタッフには、他の転職サービスに掲載されていない薬剤師求人が多数掲載されています。

転職相談満足度も96.5%と非常に高く、薬剤師業界に精通したコンサルタントが揃っているのも特徴です。

無理に転職を進められた、コンサルタントの質が悪い、といった口コミも少なく、転職に不安を抱える薬剤師にぜひおすすめの転職サービスです。

ファルマスタッフ公式サイト

ファルマスタッフを実際に利用した人たちの口コミ・評判
病院にするか薬局を続けるか悩んでいましたが、ファルマスタッフはどちらの求人も多かったので、よく考えて選ぶことができました。求人内容も細かく記載されており、コンサルタントの方が職場の情報など教えてくれたので、納得いく決断ができました。
20代後半 女性 病院
残業の少ない職場を探していましたが、ファルマスタッフではそれだけでなく、給与や福利厚生など他の条件も、今より良い求人を紹介してくれました。薬剤師の転職は年収が下がることも多いので、多少のダウンは覚悟していましたが、満足のいく転職ができました。
20代後半 女性 調剤薬局
後悔しない転職は堅実な転職サイト選びから
薬剤師が転職するなら転職サイトに登録するのがおすすめです。

まとめ

基本的には多くの転職サイトに登録すればするほど、多くの求人を見ることができるので気になったサイトは登録するのがおすすめです。

ですが、あまりにも求人数が少ない転職サイトやネット上での口コミや評判が悪すぎる転職サイトは最初から選ばないほうがいいでしょう。

今回ご紹介した「選ばないほうがいい転職サイトの特徴」や「後悔しない薬剤師転職サイトの選び方」を参考にして、自分に合った転職サイトを見つけてくださいね。

-薬・病気, 転職
-, ,

Copyright© 投資の大学 , 2022 All Rights Reserved.